ちょこっと、ぱっと、女性を守る防犯グッズ tocca

×

ちょこっと、ぱっと、女性を守る防犯グッズ tocca

by Team-tocca
生活・からだ

作品概要

〜ちょこっと、ぱっと、未来の防犯〜

防犯の技術・インフラは年々進化しているのに対して、女性の犯罪件数は横ばいです。

これには、犯罪が起こるまさにその【瞬間】には対策がされていないからだと考えます。犯罪被害にあった女性によると、その瞬間は「声が出ない」「腕を引っ張られる」などまともな状態ではないことがわかりました。

また、女性の8割以上が防犯グッズを持ってません。これには【重装備化】が1つの原因と考えられます。既存の防犯グッズに対するイメージを調査したところ「小学生みたいでダサい」「重い」「自分は使うほどではない」など、負のイメージが集まりました。

そこで私たちは「ちょこっと、ぱっと、女性を守る防犯グッズ tocca」を提案します。toccaは落とすだけでブザーを鳴らすことができ、軽量で小さく女性の持ち物に馴染みます。

長期・汎用的な重装備→【瞬間のための最小の機能】
理性的な行動ができない問題→【本能的なインタフェース】

これらを実現することで、女性の防犯対策のハードルを下げ、安心・安全を持ち運べる未来を目指します。

続きを読む→

ターゲットユーザー

・防犯意識はあるが、防犯グッズを買うには至っていない女性
・既存の防犯グッズに煩わしさや抵抗を感じている女性

ターゲットユーザーに与える価値

【犯罪に直面してパニックになったり、体の自由を奪われても逃げる隙を作ることができる】
・恐怖で体が硬直
・体が震えてうまく手を動かせない
・後ろから抱きつかれる
・腕を引かれる
これらの状態からも、toccaなら音を鳴らして逃げる隙を作ります。

【防犯グッズを持ち歩くハードルを下げる】
・瞬間のための最小の機能なので軽量
・女性の持ち物にも馴染む
・多様なカバーやグラフィック

62
作品投稿者について

Team-tocca

法政大学システムデザイン科の3名。全員でデザインとエンジニアリングを統合的に考える。

奥村春香…自身の怖い経験から制作を始める。全体のマネジメントとコンセプトを主に担当。

桑嶋玄樹…工作やプラモデルからものづくりに興味を持ち、現在はデザインとエンジニアリングを日々勉強中。内部設計と外観を主に担当。

西眞輝…2年生のときに見に来たGUGENに憧れて参加。組み込みを主に担当。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2021 -071
見守りトイカメラをつくろう
by AUTOLAB
12
0
No. GUGEN 2021 -070
高専祭 電子工学科 学科展示
by TAPIO
48
0
No. GUGEN 2021 -068
NEO KIRIKO
by VITRO
6
0