Venty-テレワークのための換気促進デバイス

×

Venty-テレワークのための換気促進デバイス

by Ventyを制作
ビジネス・仕事 教育・学習 環境・エコ

作品概要

【作品の概要】
テレワーク中の室内のCO2濃度をモニター。
カーテンの「動き」や「膨らみ」によって換気の必要なタイミングを報知します。

【制作の背景】
2020年以降テレワークが急速に普及し、「自宅」と「職場」が一体化。
オンラインでのミーティング中、ドアや窓を閉め切って仕事をしていると、時折頭痛や疲労感をおぼえることがあります。
私たちの呼気から出るCO2は、限られた自室の空間において、想像より早く蓄積し私たちの体調や作業効率に影響するのです。

【私たちの提案】
CO2濃度のモニターと私たちの住空間。「数値情報」と「日常生活」。
それらをシームレスに接続するために、私たちはCO2濃度計をカーテンというインテリアの中に隠しました。

無機質なデジタルモニターや鬱陶しい警告音ではなく、人の深呼吸を模した柔らかな「動き」と「膨らみ」によって、
適切なタイミングでの換気を促し、テレワークの空間をデザインしました。

【未来の普通】
このような「穏やかなデジタルデバイス」によって、デジタルと日常が滑らかに融合していく社会が
私たちが魅力的だと感じられる「未来の普通」だと考え、Ventyを提案します。

続きを読む→

ターゲットユーザー

テレワークで長時間自室にこもることの増えたテレワーカーや学生。
作業に没頭して換気や休憩を疎かにしてしまう在宅ワーカー。

ターゲットユーザーに与える価値

適度な換気を促し、テレワーク時の空気環境やユーザーの健康をサポートします。
日常生活や生活空間に溶け込みながら、必要な環境情報を穏やかに伝達します。

56
作品投稿者について

Ventyを制作

法政大学デザイン工学部システムデザイン学科 4年 川合晴斗
法政大学デザイン工学部システムデザイン学科 4年 長谷川ひろな
東京大学大学院 修士1年 周いりん

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2021 -071
見守りトイカメラをつくろう
by AUTOLAB
12
0
No. GUGEN 2021 -070
高専祭 電子工学科 学科展示
by TAPIO
48
0
No. GUGEN 2021 -068
NEO KIRIKO
by VITRO
6
0