Fitterior

×

Fitterior

by チームFitterior
乗り物・スポーツ 生活・からだ

作品概要

Fitteriorは筋トレマシンになる椅子です。普段は椅子として使えて、筋トレしたいときは筋トレマシンに変形できます。これにより、忙しい人やジムが遠い人でも、自宅でジムレベルの筋トレをできます。

現在フィットネス産業は、政府により健康寿命延伸産業に位置付けられ、社会的に重要なものになっています。その中でも筋トレは、筋力・体力の向上や、なりない体の実現など、重要な役割を担っています。一方で、ジムに継続的に通い筋トレをする人は非常に少なく、日本では人口の1%に満たないとも言われています。

私たちは、この問題の大きな原因の一つとして、「ジムに行く時間は取れないが、ジムレベルの筋トレ器具は家に置けない」という課題に着目しました。ジムに行くには、移動時間、他人が器具を使っている間の待ち時間、実際の筋トレ時間等を合わせて、一回あたり少なくとも1時間程度が必要です。私たちが行ったアンケートでは、ジムに行くための時間が取れない人が81%という結果でした。もしジムに行く代わりに自宅で筋トレをできれば、筋トレを一回するのに必要な時間は大幅に減ります。しかし、従来のジムレベルの筋トレをできる器具は大きくて重いため、家に置くのは困難です。

この課題を解決するためにFitteriorを開発しました。Fitteriorには、課題を解決するための3つの特徴があります。1つ目は、普段は椅子として使えることです。家に馴染み、かつ筋トレ器具のためだけの無駄なスペースが不要になります。私たちは、このようにフィットネスとインテリアが融合した独自カテゴリーを"フィッテリア"と名付けています。2つ目は、負荷をモーターにより生じさせる点です。70㎏のおもりと同等の負荷を820gのモーターで作ることができ、小型化・軽量化を実現できます。3つ目は、メカ的に変形する設計で、数十種目が可能なことです。

このような特徴により、多忙やジムの遠さが原因でジムに行く時間が取れない方でも、自宅で短時間でジムレベルの筋トレができます。

今後も、筋トレをしている方に実際に使ってもらいながら開発を進めます。そして、将来フィットネスとインテリアの融合が当たり前になり、料理や入浴と同様に、自宅で十分な筋トレを済ませることが「ふつう」となって、全ての人が健康と自信を増進できるような未来を実現していきます。

続きを読む→

ターゲットユーザー

多忙やジムの遠さが原因で、ジムに行く時間が取れないが、ジムレベルの筋トレを習慣的に行いたい方

ターゲットユーザーに与える価値

ジムに行くためのまとまった時間を取れなくても、自宅で短時間で、ジムレベルの負荷と種目数の筋トレを行えます。さらに、筋トレ器具のためだけの無駄なスペースが不要で、かつ、おもりではなくモータを使い小型・軽量なので、従来の筋トレ器具に比べて家に置くのが容易です。

165
作品投稿者について

チームFitterior

機械系・電気系・情報系を専攻する東京大学の学生5人から成るチーム。メンバーそれぞれが、自主開発や、ハードウェアスタートアップを含むテック系企業でのインターンを通して、エンジニアリングの経験を積んでいる。また、筋トレやスポーツにおいて長い経験がある。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2021 -071
見守りトイカメラをつくろう
by AUTOLAB
10
0
No. GUGEN 2021 -070
高専祭 電子工学科 学科展示
by TAPIO
47
0
No. GUGEN 2021 -068
NEO KIRIKO
by VITRO
6
0