うっかりを防ぐスマートな置き台 「SUKKARI」(すっかり)

×

うっかりを防ぐスマートな置き台 「SUKKARI」(すっかり)

by Shibata D
生活・からだ

作品概要

外出するときに、鍵がない!財布がない!と家の中を探した経験はありませんか?SUKKARIは、このようなうっかりを防ぐ、スマートな置き台です。
うっかりしがちな人は、何気ないことでも失敗してしまい、本人が努力をしてもなかなか改善できず、強いストレスを感じています。そういった人のネガティブな気持ちを少しでも晴れやかにし、やりたいことにエネルギーをかけられるようにしたい、という想いからSUKKARIを開発しました。
## 解決したい課題 ##
毎日の生活の中において、うっかりしがちで影響が大きいことに、外出前に鍵や財布が見つからないことがあります。「鍵がないと戸締りができない」、「財布がないと移動ができない」といったことから探すしかありませんが、時間がかかりますし、何よりストレスを感じてしまいます。
SUKKARIは、このうっかりしてしまったときに生じる探す時間とストレスを防ぎます。
## 機能説明 ##
本体とRFIDタグから構成され、お持ちのスマートフォンと連携します。提供機能は、帰宅検知、警告表示、設置検知、戻し忘れ通知です。本体を好きな場所に設置し、外出前に探したくない鍵や財布にRFIDタグをつけて利用します(本体はバッテリー駆動のため生活に合わせ自由に設置でき壁掛けも可能)。
SUKKARIは、連携したスマートフォンの距離から、ユーザーの帰宅を検知し、警告表示で鍵と財布を置くことを促します。鍵や財布がSUKKARIに置かれた際には反応を示し、ユーザーに置けたという体験を提供します。帰宅検知後一定時間、鍵と財布が置かれなかった場合には、スマートフォンに戻し忘れを通知し、を家の中で放置してしまうことを防ぎます。また、鍵や財布を置いたときの反応を提供することで、置けたことを体感させることができ、そしてスマートフォンに、継続している回数を知らせることで、小さいけれども積み上げた成功体験の実感を提供します。
SUKKARIは、うっかりしがちな本人の努力では解決できない問題を助けることで、SDGs “10 人や世界の不平等をなくそう”のターゲット10.2
「2030年までに、年齢、性別、障がい、人種、民族、生まれ、宗教、経済状態などにかかわらず、すべての人が、能力を高め、社会的、経済的、政治的に取り残されないようにすすめる。」の「すべての人が能力を高める

続きを読む→

ターゲットユーザー

うっかりしがちな人
家を出るときに鍵や財布を探したことがある人
家の中でモノが行方不明になる人

ターゲットユーザーに与える価値

うっかりを防ぎゆとりある外出体験を提供
鍵・財布を置く習慣と、小さな成功体験。

40
作品投稿者について

Shibata D

うっかりしがちなソフトウェア技術者です。
自分のうっかりで日々苦労しているため、その解決ができないかと、モノ作りに挑戦し、自分が欲しいものを形にしました。
うっかりが、SUKKARIで、しっかりすることを目指しています。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2020 -085
CO2濃度で三密を可視化し換気を促すコロナからマモル君
by トクヒco2sos(学生協力者)
9
0
No. GUGEN 2020 -084
リモート キー&マウス
by TakSan & ナッキー
12
0
No. GUGEN 2020 -083
Totte!
by team Totte!
77
0
No. GUGEN 2020 -082
バトルモビリティ「MOT」
by MONO Creator's Lab
11
0