農業用AIロボット

×

農業用AIロボット

by 輝翠Tech
環境・エコ

作品概要

果樹農業は農業の中でも最も労働時間が長いのです。果樹農業の多くは山間部で行われており、管理に手間がかかり、省力化と機械化がまだ進んでいません。特に日本東北地方で最も生産されているリンゴはまだ50年前と同じ栽培方法で行っている所が多く、省力化と機械化が最重要課題です。それに比べて中国やアメリカといった国は地理的優勢を持っていますが、積極的に省力化した新しい栽培方法を取り入れ生産量を伸ばしてきました。そして、人手不足により、人間の代わりになるロボットの活用が近年注目されています。

私達は果樹農業の省力化と機械化を目的に、AIとロボット使って実現したいと思っています。私達は現在東北地方にある仙台で、東北地方で最も栽培されているリンゴ栽培を最初のターゲットにしました。そして私達はこの数ヶ月間たくさんのリンゴ農家にインタビューをして、彼らのニーズを把握していきました。

ヒアリングを行った中で、リンゴ農家は農園管理に様々な場面でロボットが必要であるとわかりました。そこで、私達は最も忙しい収穫時期に必要となる運搬作業するロボットを開発することにしました。運搬作業は一番シンプルな反復作業であり、ロボットによる運用が一番しやすいからです。これによって、実際に運搬作業をする人は収穫作業をすることができ、作業率がアップします。

続きを読む→

Web Site

https://kisuitech.com

ターゲットユーザー

労務問題を抱えていたり、農場を大きくしたいと考えている普通の農家の方
重労働で苦労している高齢農家
デジタル農業に興味のある若い農家

ターゲットユーザーに与える価値

ロボットは運搬用だけでなく、農家がロボットを使わないときはりんご農園内をパトロールし、病害虫やりんごの樹勢などをカメラで認識し、農園全体の把握を支援します

159
作品投稿者について

輝翠Tech

リーダー Tamir Blum (タミル ブルーム)

イスラエル生まれ、アメリカ育ち。ロボットとAIについて多くの経験を持っている。UCLAで修士号を取得。修士課程期間中に、SpaceXでアソシエイトエンジニアとして、ドローンの防衛会社でインターンを経験した。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2021 -071
見守りトイカメラをつくろう
by AUTOLAB
12
0
No. GUGEN 2021 -070
高専祭 電子工学科 学科展示
by TAPIO
48
0
No. GUGEN 2021 -068
NEO KIRIKO
by VITRO
6
0