頭なでなで装置「The touch」

×

頭なでなで装置「The touch」

by Takemi Inagaki
コミュニケーション・繋がり ホビー・エンタメ 生活・からだ

作品概要

「The Touch」では,異性、同性と向き合い頭部を撫でられる体験ができる装置であります。
VR映像で異性から撫でられ,頭部につけた装置からその撫でがフィードバックされる仕組みです。


この世界を生き抜く中で、少し疲れてしまったり、凹んでしまったりすることはあると思います。
それに伴い、各々が「癒し」を求めています。その一つに、「なぐさめてもらう」「なでなでしてもらう」という手段があります。
悩みの種が人であれば、解決するのも人だったりするのです。
しかし、直接なぐさめてくれる人はなかなかいないものです。なでなでとなれば、なおさらです。
そんなとき、ヴァーチャルで、いつでも、どこでも、なぐさめて、なでなでしてもらえたら、
癒され、励まされ、気持ちが軽くなり、少しいい社会、世界になるのではないか、役に立つのではないかと考えました。
それが「The touch」を作るきっかけです。


本作品のシステムはTECTILE ToolkitとVR HMDで構成されており、非常にスマートな設計です。
VRの映像は、数パターンあり、様々なシチュエーションもご用意できます。

続きを読む→

ターゲットユーザー

少し疲れてしまっている方
凹んでしまっている方
なでなでされたい方

ターゲットユーザーに与える価値

疲れを少し癒してくれる
励まされ、少し頑張れる
ちょっとだけ気持ちを軽くしてくれる

77
作品投稿者について

Takemi Inagaki

プロデューサー,メディアアーティスト,VJ Maebashi Media Art Festival主宰
1996年生まれ 群馬県前橋市出身
産業能率大学在学中
デジタル関連のプロデュースを多数担当している
また、アーティストとしての活動も行なっており、作品を多数発表している。
「手を動かし続けられるプロデューサー」を目標としている。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2018 -141
人と人とをつなげる”かみしばい”
by チーム紙芝居
53
0
No. GUGEN 2018 -140
Co2 SENSER
by CO2班
7
0
No. GUGEN 2018 -139
うさ耳でコミュニケーション
by アシステックデザインラボ
9
0