クレープロボット「Q」

×

クレープロボット「Q」

by 森 啓史(モリロボ)
ビジネス・仕事 生活・からだ

作品概要

特徴?@“ボタンひとつで、簡単クレープづくり”
クレープロボット「Q」は調理が難しいクレープの生地を作ってくれるロボットです。
レコードを載せるターンテーブルのように回転する熱々の鉄板。スイッチを押すと生地が鉄板の上に流し込まれ、薄く伸ばしながら生地を焼きあげます。焼きあがった生地は自動で隣の作業台へ運ばれ、あとはクリームやフルーツを人が盛り付ければクレープが完成!ボタンひとつのかんたん操作で、調理がむずかしいクレープの薄皮生地を安定してつくることが出来ます。

特徴?A“「キュー」はデスクトップサイズでコンパクト”
 幅53cm×長さ96cm(収納時53cm)×高さ63cmと一般的なクレープ焼き機と同サイズのため、簡単に導入ができます。店舗はもちろん、さまざまなシーンで活躍します。
たとえば…
  ・移動販売車  限られたスペースを有効に使えます。
  ・お祭りや学祭 練習いらず!すぐにクレープ屋さんになれます。連続焼きモードで
          大量の焼き溜めも可能。
  ・ビュッフェ ホテルやファミレスでのセルフサービスが可能、ホームパーティーにも!

特徴?B“クレープ屋さんのこまったを解決”
 こまった1 スタッフが生地焼きを習得するまで時間が掛かる
       →ボタンひとつの簡単操作でスタッフへの教育時間が短縮

 こまった2 スタッフによって焼き具合やサイズに偏りが出る
       →焼き具合ゆサイズ・厚さが均一に!品質が安定
 
 こまった3 スタッフが1人だとお客様へ提供するまでに時間がかかる。
       →自動&連続焼きで、調理開始から提供までの時間を短縮

続きを読む→

Web Site

http://morirobo.wixsite.com/morirobo

ターゲットユーザー

・人手不足に悩むクレープ屋さん
 ・新しいサービスを始めたいホテル、ファミリーレストラン
 ・イベント時だけクレープ屋さんをしたい方

ターゲットユーザーに与える価値

人手不足対策、人件費、品質の安定化、新しいサービス、他店との差別化、生産性向上、ルーチンワークの自動化

52
作品投稿者について

森 啓史(モリロボ)

代表が学生時代にクレープ屋さんアルバイトで生地焼き担当し、熱い鉄板の前で延々と続くルーチンワークに「人がやる仕事じゃない」と思っていた事を思い出し、クレープロボットの製作に着手。
モノづくりに強い浜松の特徴を活かし、メカ・電気・デザインの技術者である友人が呼び掛けに応え、「形にする」と言う強い想いで造り上げた。
枯れた技術で「動く・稼げる」ロボットを提案します。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2017 -159
EmoT
by EmoT
79
0
No. GUGEN 2017 -158
USO -Unidentified Sliding Object
by Mach★Technology
5
0
No. GUGEN 2017 -157
Tondehoshiino
by IYD
9
0
No. GUGEN 2017 -156
Sign Visor
by otuA
20
0