電 - 磁器 DENJIKI 陶磁器を電子回路にするプロジェクト

×

電 - 磁器 DENJIKI 陶磁器を電子回路にするプロジェクト

by キンミライガッキ
アート・音楽 ホビー・エンタメ 生活・からだ

作品概要

陶磁器に、電子回路を「絵付け」して、様々なデジタル・IOTガジェットに。
金液で電子回路や電極のパターンを描くことで、磁器を様々な電子回路として利用するプロジェクトです。
金の絵付け(金彩)は、現代でも古くから用いられてきた陶磁器の装飾技法です。
キンミライガッキは、描かれた金が電気を通すことに着目しました。

金彩された部分は、焼成することで十分な耐久性を得られるので、
食器や茶器、花器などを、新たなメディアアートのプラットフォームやデジタル製品にすることが可能になります。

表題の応用例は、「金模様をタッチセンサーにした電子ガッキとしての活用例」です。
模様の一本一本で静電容量を測っており、指で触れると音を鳴らす仕組みにしてあります。
小型スピーカーを内臓しており、単体でも音を鳴らすことが可能です。

動画にある通り、食品を介して人体の接触を検出することも出来ます。

追記:11/3
専用の茶托を使用し、お茶を注ぐことで音や光を鳴らす茶器の開発も公開しました。
「お茶を飲んだこと」を通知する、見守り機能を持たせたIOT機器としての活用も検討中です。

続きを読む→

Web Site

http://www.kinmiraigakki.com/den-jiki.html

ターゲットユーザー

最新のデジタルガジェット、IOT家電などに抵抗があった方
未来的でありつつも、自然な生活空間を作りたい方
先鋭的な酒家、茶道家、演奏家の方
デジタルガジェットを作るプロダクトデザイナー

ターゲットユーザーに与える価値

未来化し先鋭化するデジタル機器・テクノロジーを、陶磁器というマテリアルを通して「親しみやすいもの」に変化させます。
陶器の手触りは、食べる、飲む、洗うなど、人間的な暮らしの基本的な行為の中に活用されており、誰もが行ってきたアクションに紐づいています。
電子製品、IOT家電のインターフェースとして、「触れたくなる」「生活に馴染む」点で価値をもたらします。

174
作品投稿者について

キンミライガッキ

世にも珍しい時間旅行者のガッキ店。
あなたの時代にFANCYなあしたを捏造(つく)ります。

「今と違うガッキがほしい、あれをガッキにしてほしい!」
お任せください。 キンミライガッキが発見・発明し、実際に制作・演奏、最終的に販売まで行っております。
自身をタイムトラベラーだと主張するCEOと共に、過去から未来、ありそうでありえなかった、別時間軸のガッキとオーパーツを探す旅に出ましょう。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2019 -159
Air Quality Tracker
by Air Tracker
9
0
No. GUGEN 2019 -158
Antimicrobial Detector
by Hasanuddin University
5
0
No. GUGEN 2019 -157
UNING Application As A Media
by senior high school number 1 kuta
4
0
No. GUGEN 2019 -156
Smart Portable Screening
by Universitas Gadjah Mada
16
0