OLIPO

×

OLIPO

by 赤池龍成
コミュニケーション・繋がり ホビー・エンタメ

作品概要

公園でゲームをしている子供達をみたことがきっかけで製作を始めた、アナログ無線通信を利用した鬼ごっこ用ウェアラブルデバイスです。

公園でゲームをしたくなる子供達の心はDS世代の私にもよくわかります。そのゲームの楽しさを外遊びに掛け合わせたら楽しいも遊びができるのではないかと考え、ライフポイント性鬼ごっこ OLIPO を製作しました。
アナログ無線通信を利用することで安価に非接触の鬼ごっこをすることができます。

続きを読む→

ターゲットユーザー

小学生の子供に外遊びをさせたい親、またはその子供

ターゲットユーザーに与える価値

親にとっての、外でゲーム機で遊んでいる状態を減らす。子供達にとっては、自分たちの想像力を元に、ゲームの主人公になったような感覚でおにごっこを楽しむことができる。

50
作品投稿者について

赤池龍成

首都大学東京 システムデザイン学部 インダストリアルアートコース インタフェースデザインスタジオ 4年

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2019 -159
Air Quality Tracker
by Air Tracker
9
0
No. GUGEN 2019 -158
Antimicrobial Detector
by Hasanuddin University
5
0
No. GUGEN 2019 -157
UNING Application As A Media
by senior high school number 1 kuta
4
0
No. GUGEN 2019 -156
Smart Portable Screening
by Universitas Gadjah Mada
16
0