IoT Rice Cooker

×

IoT Rice Cooker

by IoT Rice Cooker
生活・からだ

作品概要

「忙しくて料理ができない!」「ご飯を炊いている余裕がない!」このような悩みを解消するために、私たちは\\"全自動\\" \\"IoT\\" 炊飯器キット「 IoT Rice Cooker 」を開発しました。
現代の日本では一人暮らしや共働きの核家族世帯が非常に増えています。そういった家庭は、忙しくて炊事に時間を割けないという問題を抱えていることが多いです。そのため、外食やインスタント食品の利用が多くなって栄養が偏ったり、小さい子供のいる家庭では外食ばかりというわけにいかないので、無理して炊事をし、疲弊するという結果に陥っています。
そういった忙しい人たちのために、多数の時短レシピやミールキットなどのサービスが用意されており、過度にクオリティを求めなければ、おかずだけは20分もあれば作ることができます。しかしながら、米を炊飯するというステップは、例え早炊きモードを使ったとしても、米研ぎの時間等も含めると、どうしても30分?1時間はかかってしまいます。炊飯が料理の律速段階になってしまっているのです。
そこで、これらの問題に対して我々が提案するソリューションが、米とぎや水の計量まで含めた、炊飯の完全自動化、およびIoT化です。具体的には、外出先からLINEで炊飯指令を送るだけで、「米を計量する、米を研ぐ、水を切る、水を計量して入れる、炊飯ボタンを押す」といった、これまで人間が行っていた作業を全自動で代替します。夕方の帰宅時間に合わせて外出先から炊飯指令を送っておくことで、帰宅時に炊き立てのご飯が出来上がっており、おかずさえ用意すればすぐに夕食が取れるという、圧倒的な利便性を実現します。使用者は炊飯器の初期配置と、数週間に1回程度の米・水のタンクへの補充以外の作業をする必要がありません。炊飯という作業をほぼ完全に人の手から切り離すことが可能です。
導入にあたって炊飯器を買い替える必要はありません。IoT Rice Cookerの中段に自分が持っている炊飯器を設置し、ボタンを押すための2つの無線装置を炊飯器に貼り付けるだけで、完全自動化とIoT化は完了します。導入が容易であることに加えて、自動化のために「お気に入りの」「おいしく炊ける」炊飯器を買い替えなくてもよいことが、このプロダクトの強みの1つです。

続きを読む→

Web Site

https://iot-rice-cooker.amebaownd.com/

ターゲットユーザー

小さな子供がいて、共働きで両親ともに忙しい核家族世帯・忙しいけどできる限り自炊したいと考えている一人暮らし世帯

ターゲットユーザーに与える価値

炊飯の完全自動化・IoT化によって炊飯という家事労働を人の手から切り離します。そして、外出先から炊飯指令を送っておくことで、帰宅時に炊き立てのご飯が出来上がっており、すぐに食事が取れるという圧倒的な利便性を提供します

193
作品投稿者について

IoT Rice Cooker

東京大学の機械系学生2名によるチームです。ハードウェアとソフトウェア、両方の本格的開発ができることが強みで、機械加工からWebプログラミングまで、何でもこなします。この強みを生かすことができるIoT分野に強く興味を持っています。起業も将来の選択肢として視野に入れつつ、面白そうなアイデアを模索し、日々開発にチャレンジしています。

この作品を共有

コメントを残す*

コメントをキャンセル
※コメントに関する注意事項
次の作品タイトル
前の作品タイトル
新しい応募作品
No. GUGEN 2019 -159
Air Quality Tracker
by Air Tracker
9
0
No. GUGEN 2019 -158
Antimicrobial Detector
by Hasanuddin University
5
0
No. GUGEN 2019 -157
UNING Application As A Media
by senior high school number 1 kuta
4
0
No. GUGEN 2019 -156
Smart Portable Screening
by Universitas Gadjah Mada
16
0