Stellable:仕草と共に光るアクセサリーと無線給電システム

古くから宝石などをあしらったアクセサリーは外部からの光を反射し、しぐさにあわせて反射光が変わることできらきらと輝き,着用者を引き立てる役割を担ってきた.対して近年ではLED等を内蔵し自らが光を放つ「光るアクセサリー」も存在するが,日常生活において身に着けている人はあまり見かけない.この原因として「光るアクセサリー」はプログラミングされた発光パターンであることが多く,着用者より目立ちすぎていたり,おもちゃのように見えてしまったりする点があげられる.「Stellable」は、仕草にあわせて光が揺らぐことで着用者を引き立たせる、新しい「光るアクセサリー」のためのシステムである.
本システムの特徴は無線給電技術を用いているところにある.受電側が光るアクセサリーで、送電機構はアンダーウェア型給電服とし,送電コイル・制御回路・モバイルバッテリーからなる。着用者の動きによる給電服の歪みや,給電服とアクセサリーの相対位置・角度によって生じる給電効率の不安定さが,着用者と同調した自然な光のゆらぎとなる.また,アクセサリー内には,バッテリ・センサを含まないため小型化が可能となり、デザインの自由度も高まるため、従来のアクセサリーの使用感を保持できる.さらには,アクセサリー内の受電コイルの形状を工夫することで、点灯・消灯の2パターンではない様々な光のゆらぎの設計も可能である。制御回路をスマホと連携させることで任意のアクセサリーだけを光らせるなど,従来のアクセサリーにはない表現や通知を知らせるウェラブルデバイスなどの応用もできる.また,アンダーウェア型給電服の上には好きな服を着ることができるので様々なファッションと組み合わせることができる.

Wearbo – 布製ウェアラブルキーボード

Wearboは未来の布製ウェアラブルキーボードです。布上になぞるように手書きをすることで任意の文字を入力できます。布上に文字を書くことで得られる皮膚感覚に加え振動によるフィードバックにより手元が見えなくても簡単かつ直感的な入力をすることが可能です。また、フリック入力による高速な入力も可能です。

Wearboは、導電性の布と静電容量センサを通じて布上でどのような動きがあったかを認識し、それを機械学習を用いてリアルタイムに分析することで容易な手書き入力を可能にしています。導電性の布は、東京大学電気系染谷研究室の協力により高い伸縮性と感度の良さを実現しています。また、機械学習は独自データセットを用いて学習を行うことで、布上での指の動きの認識に最適化したモデルを作成しました。

昨今、スマートウォッチやARグラスなどのウェアラブルデバイスが続々登場していますが、どれもスムーズに文字を入力するのが難しいとの思いからこのデバイスを製作しました。使い方はとても簡単で、Wearbo本体とbluetooth対応端末をペアリングするだけです。手書き文字入力という慣れ親しんだ操作により直感的な文字入力をすることができます。また、モードを切り替えればフリック入力も可能であり、素早い文字入力もできます。これらは満員電車など音声入力が使えない状況や、会議中などスマートフォンを取り出すのが憚られる状況において真価を発揮する考えられます。

Wearboはいつでもどこでもあらゆるデバイスにつながり、ユーザーをスマートウォッチやARグラスに付随する文字入力に関わる問題から解放します。将来、全てのデバイスを手やカバンに持つのではなく衣服として身につけて過ごす世界になるかもしれません。

tricotgraphe

tricotgrapheは、編み物(tricot)を動かすことで物理的なアニメーションを再生する、手回し式の映像装置で
ある。
1ピクセルのタイムラインを1本の糸に対応させて染色した糸を装置に組み込む。

装置の機構は全ての糸を同時に引き合い、スクリーン上に露出した部分の糸の色を変えることで映像を再生する。
今回は、日本で初めてテレビ放送実験に成功した時に表示された文字であるカタカナの「イ」を64ピクセルで表示した。

従来の映像は、「現在」のフレーム1枚のみを連続して見ることで、像が動いているかのように見える人間の視覚を利用して成り立っている。しかし、この装置では「現在」だけでなく、過去と未来の画素を物理的に見ることができる。

過去と未来のフレームの画素は、普段は不可視だがプロジェクターやモニターで映像を見る際にも、空中や信号上に存在してこの装置よりはるかに高速に移動し、スクリーン上で拡散し我々の視覚で認識できるようになる。
スクリーン上で見る「現在」のフレームに対し、それら「過去と未来」は、映像の「ネガ」と言える存在なのではないだろうか。

糸による新しい質感と「映像のネガ」を同時に見ることができる機構により、従来の装置とは違う映像体験の制作を試みている。

Planter

『Planter』は家庭向け小型風力タービンです。
日本ではエネルギー自給率の低さや化石燃料への依存度の高さから再生可能エネルギー(以下、再エネ)の導入を促進しています。これはSDGsにおけるエネルギー問題への活動としてもあげられています。
現在、再エネによる発電は普及しているものの、「エネルギー密度の低さ」「天候に依存した不安定さ」「発電コストの高さ」などから大規模な導入はなかなか進められていません。
一方、FIT法により事業者や住居単位での小規模の導入が進められていますが、こちらも「設置の難しさ」や「電気系統の容量不足」から、再エネ導入が困難な場合もあります。
また、2019年9月の台風19号により発生した千葉県での大規模な停電は、電気系統に頼りきったシステムの弱さを浮き彫りとしました。
これらのことから、現在の発電所と送電網に頼りきったシステムではなく、住居や地域単位で必要十分なエネルギーを発電し消費する自給自足のシステムこそ、「未来のふつう」だと仮定しました。
また、そんな未来からBack castingしたとき、電気系統から独立させることで、導入しやすいうえ、発電・消費が実感できる、現代の様式にあった小型発電装置 が必要だと考えました。
『Planter』のコンセプトは「電気をちょぴっと自家栽培」です。ベランダ等に手軽に設置でき、再エネを小型バッテリーに蓄電します。バッテリーは切り離すことでスマートフォンの充電やベッドライトなど、ちょっとした電源として使用できます。使用済みのバッテリーは『Planter』本体に戻すことで、再び「電気を育てる」ことができます。
ブレードはサボニウス型を基本に、空力や回転する姿の美しさを考慮しデザインしています。
発電機構はコイルと永久磁石を用いたエアギャップ発電機を基本に、実装サイズに配慮しながら改善を続けています。一週間安定した風速のなかで5000mAh発電するのを目標としています。

メガネを探すメガネ

導入

朝起きてメガネを探したい時に目が見えなくて困ることありますよね?

「”メガネを探すメガネ”があったらいいのになー」

そう思ったこと有りませんか?

けれども、同時に気付いてしまうのです。

”メガネを探すメガネ”

を探すためには

”メガネを探すメガネを探すメガネ”

が必要だと言う真理。

無限ループ

しかし我々は諦めませんでした
「メガネが見つからないならメガネからアピールすればいいじゃないか」

持てる技術を全てつぎ込み

ついに、メビウスの輪から抜け出すことに成功したのです!

「メガネ メガネ」と呟いた時

”メガネを探すメガネ”こと”メガネを探すZ”はあなたの前にその姿を見せることでしょう。。。

説明

”メガネを探すZ”は”メガネを探すためのメガネ”です。

メガネを探し終わるとお役御免です。

「メガネ、メガネ」と呟くと動きと光で自己アピールを開始し

目が悪い方でもすぐに見つけることができます。

”メガネを探すZ”を掛けてメガネを見つけてください。

■その他

メガネを踏んで破壊する事故を防ぎサスティナブルな世界の実現に貢献します。

AShell -ハンモックになる服-

【災害大国日本の現状を変える】
避難所で快適に寝ることを可能にする「着るハンモック」
上着を脱いで広げるだけでハンモックに早変わり。
災害時の使用以外には、公園での日光浴・職場での仮眠・キャンプ中の寝具として使うことができます。

【製作背景】
狭いスペースに布団を置き、冷たい床で寝て、昼間も毛布にくるまって暖を取っている避難所の映像が度々報道されます。
このような状況はエコノミー症候群をはじめとする健康二次災害をもたらします。

【AShellが作る未来】
ストレスの多い避難所において
・快適な睡眠環境があること
・昼間は自由に動けること
この二つを実現すれば健康二次災害を防止することができます。
AShellはハンモックとして快適な睡眠環境を提供し、服としてユーザーの体温調節に使うことができます。
また従来の布団やダンボールとは違って、着るハンモックAShellは使わない時に折りたたむことが可能。
昼間の生活スペースを広くとることができます。

【AShellのこれから】
土台に関して
避難所にある机や椅子・体育館に備え付けてあるものを使って、ハンモックの土台にできるように現在開発中です。
服に関して
二重構造にしたり、毛布をつけたり、さらにデザインを展開したりといった工夫を行なっていきます。

My Dryad

家に帰っても一人…ペットを飼うことは難しいけどせめて観葉植物に癒されたい…けど忙しくてお世話が…
という人たくさんいますよね!(私はそうです)
この植木鉢を使えばそんな人でも気負うことなく植物を育てられます!
外にいてもスマホアプリから操作することができ、植物に必要な光、水を与えることができます。
また、植物の状態をアバターを通して見ることができ、いつでもどこでも一緒にいることができます!
植木鉢には土が乾いているかどうか、日光が足りているかどうかを知る機能があり、状態に応じて備え付けられた傘から植物に必要な波長の光と水分を補給します。
ぜひ、この植木鉢と共にお気に入りの植物との癒しの生活を始めましょう!!

WearRide-Shoes

ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。靴型の"履ける"モビリティ。

ローラーブレードについた車輪を、スマホで遠隔操作し動かします。

マイコンはESP32を使用し、Blynk経由で左右の車輪を同時に動かしています。

基板もバッテリも全て靴内に収めてあり、コンパクトな形状となっています。

正直乗りこなすのは難しいですが、とてもスポーティで爽快なモビリティです。

WearRide-Skirt

ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。着せ替えできるスカート型モビリティ。

スカートの中は車椅子形状で、座りながら移動します。好きなスカートを履き、自分好みのコーディネートが可能です。

操作I/Fはポケット形状の導電布I/Fと、micro:bitアクセサリの2つから選択できます。

個性を演出でき、日常生活に溶け込むことができるモビリティです。