GUGEN2017コンテスト 展示会・授賞式について

2013 年からはじまりました「GUGEN コンテスト」も今年で5年目、前身となる「電子工作コンテスト」から数えて9年目となり、実用性や商品性の高いアイデアを表彰する Makers の登竜門となっております。

今年も、新たな事業や産業を産み出していくための『ものづくり』をテーマとして、実用性・商品性の高いハードウェアを募集します。 最終審査の当日「GUGENコンテスト展示会・授賞式」は、「見て、聴いて、触って、楽しむことのできる体験型展示会」として開催、専門家審査員のポイントだけではなく、御来場された皆様からの評価を市場評価と捉え重要審査ポイントとして加算し、受賞作品を選定いたします。
未来のふつうが見つかる『GUGENコンテスト2017展示会・授賞式』、ご参加・ご来場をお待ちしております。

展示会・授賞式開催概要

日時2017年12月16日(土曜日)13時~18時30分
場所秋葉原コンベンションホール
展示予定作品数50作品
プレゼンテーション6作品
賞品・賞金大賞(1チーム)100万円(現金50万円 +プリント基板・電子部品50万円相当)
優秀賞(2チーム)20万円(現金10万円 +プリント基板・電子部品10万円相当)
Goodアイデア賞(1チーム)10万円 (現金5万円 +プリント基板・電子部品5万円相当)
他、「スポンサー賞」「ほしいね賞」「学生賞」(賞品は後日発表)。
※プリント基板と電子部品は、コンテスト後、商品化のための開発が進む際にご支給します。
主催会社株式会社ピーバンドットコム

展示会・授賞式タイムテーブル

13:00 ~開場
13:00 ~ 18:30作品展示
15:10 ~大賞・優秀賞ノミネート6作品発表
15:30 ~大賞・優秀賞ノミネート作品プレゼン
16:50 ~スポンサー賞授賞式/スポンサープレゼン
18:00 ~ 18:30大賞・優秀賞授賞式

1次審査通過作品

No.作品名チーム名
No. 2017-001Ripple Scoreなりたけいすけ
No. 2017-002猫ギク装置3号機(二刀流)猫ギク製作所
No. 2017-004カラーセンサー型pHメーターmino
No. 2017-005資産管理デバイス KOFUNNISHIZAWA
No. 2017-006人生100年時代に必要な歯磨きシステム歯っぴ~
No. 2017-008ActeeTeam Actee
No. 2017-010Capsule Cheeper石川大樹
No. 2017-011HITARITeam HITARI
No. 2017-012MagicLoopMagicLoop Project
No. 2017-013妊婦体験システムMommyTummy小坂崇之
No. 2017-014Fetal movement System小坂崇之
No. 2017-015フラクタルメータケロバニアハウス
No. 2017-016Funny BallSkilled Workers
No. 2017-017立ち乗り型パーソナルモビリティ「Amper」Skilled Workers
No. 2017-019イヤホンで音を聴く人に音を小さくして背後の危険を知らせるデバイス松本 光広
No. 2017-021I am ☆ Star (アイ アム ア スター)TETSUJIN-AUDIO VISUAL 高橋哲人+モシ村マイ
No. 2017-024MIERUNDESINCAMS
No. 2017-026RSD-02rino products
No. 2017-031ドレミファドミノLV.3D.Cclub
No. 2017-033HoneycombBell Block奇楽堂
No. 2017-034DazzringMajikitchen
No. 2017-037OmicroOmicro
No. 2017-039逃げるは恥だが役にたつもんだいガールズ
No. 2017-040danna dash:ボタンひとつで即日配達!貴方の想い届けますつくるラボ
No. 2017-041O-thumbO-thumbs
No. 2017-042ibotteam ibot
No. 2017-043TEXTILE++首都大学東京 IDEEA Lab
No. 2017-045360度自動撮影・再生システム “Round Base PRO”株式会社ケイワールドと有限会社アイデック企画のコラボレーション
No. 2017-046CallBagYuto Kuroki
No. 2017-047StampRadarhanabusa Lab.
No. 2017-051複合移動型ロボット [ぺたた]ぺたLab
No. 2017-053Weather HourTEN
No. 2017-054CLOCK LIGHTAkari.inc
No. 2017-057MAG SOUND(電磁誘導オルゴール)CANADEON
No. 2017-058にゃぁぽっぽnanka
No. 2017-063UchiwactionOneChance
No. 2017-065Heart Weatherつくるラボ
No. 2017-066低価格力覚提示装置あっひー
No. 2017-067イロソライロソラ開発チーム
No. 2017-068USMロボアームコロン
No. 2017-070MagicHandMagicHandProject
No. 2017-071色・積・混・光EdisonPJTeam3
No. 2017-073CarryOttoCarryOtto
No. 2017-075AnoHako: 物理インターフェースのない自動販売機AnoHako Project
No. 2017-076茶道ロボ151AaNo研
No. 2017-080拡張オセロ – Extension Reversiしゅんりゅ
No. 2017-088Plant Reminderteam1 from Nitech
No. 2017-089VU計の極みレポートホンの極み屋
No. 2017-090FUJICHANideea
No. 2017-095Pinions 〜繋がり、伝播し、そして全てが廻ってゆく〜bonus!! from NITech
No. 2017-097Schrodinger’s Black BoxMutienliao
No. 2017-099Hapbeat~Necklace Style Edition~Hapbeat合同会社
No. 2017-100GROOVETeam GROOVE
No. 2017-102WandFulWestLab
No. 2017-104Take Five!Team 10
No. 2017-106FocusUinProducts
No. 2017-107水上ドローン BIKKEResearchKing
No. 2017-108レシートマンガ配信システム「コミキャス」TOKYO FLIP-FLOP
No. 2017-111CUBOからくりプロトタイパーズ from 名古屋工業大学
No. 2017-114通学ラリーにゃーにゃー
No. 2017-117POUCE快適な設計ライフを作る会
No. 2017-118基板UKIYOE [神奈川沖浪裏]pcbart-healingleaf
No. 2017-123クレープロボット「Q」森 啓史(モリロボ)
No. 2017-129SlippadSlippad Project
No. 2017-131e-oRin小泉製作所×つくるラボ
No. 2017-132電源コード不要!ワイヤレス「蝶型ロボット」祐誠高等学校
No. 2017-144ローリングサンドイッチマンkabu
No. 2017-148コロポカD棟足湯クラブ
No. 2017-151植物を”制御”する Exe-FarmMONO Creator’s Lab
No. 2017-153OCTA 新感覚マルチシンセサイザーDigiLog
No. 2017-155ウダー4.7宇田道信
No. 2017-156Sign VisorotuA
No. 2017-159EmoTEmoT

※展示作品は現在調整中です。

審査員紹介

博士(メディアデザイン学・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)。1993年より電子楽器メーカーに勤務した後、2004年よりIAMAS。Arduino Fioなどのツールキット開発に加えて、オープンソースハードウェアやデジタルファブリケーションを活用し、多様なスキルや視点・経験を持つ人々が協働でイノベーション創出に挑戦するための方法論を探求。著書に『Prototyping Lab 第2版』『アイデアスケッチ—アイデアを〈醸成〉するためのワークショップ実践ガイド』など。

株式会社ジャフコにて主にエレクトロニクス分野のスタートアップへの投資に従事。その後、流通業支援の株式会社KIACON、株式会社リヴァンプを経て、株式会社チップワンストップにて、エレクトロニクス分野特化のVCファンドの設立と運用をリード。現在産業革新機構にて、主にIT/エレクトロニクスのスタートアップへの投資を行う。

元メカトロニクスエンジニアの異色マンガ家 | 著書『シブすぎ技術に男泣き!』がベストセラーに。第63回朝日広告賞受賞 |「基板戦隊Pバンジャー」にて第1回アニものづくりアワードノミネート。

1990年以来、ITの最新トレンドを取材、国内外のさまざまなメディアで解説。ITベンチャー、リボルバー社の社外取締役の他、2社のアドバイザーも務める。その一方で、テクノロジーは会社組織から製品まで良いデザインをしてこそ本質的な成功が得られると言う信念を基盤に、大手通信会社や家電メーカーのコンサルティングも行なってきた。JDPデザインアンバサダーも務める。

あなたも審査員!

WEB上のほしいねボタン数及び展示会来場者による投票数は審査結果に考慮・加算されます。

作品応募期間(終了しました)

2017年7月28日(金曜日)~2017年11月24日(金曜日)

スポンサー

プラチナスポンサー

2017_abbalab
2016-platina1
2016-platina2
2017_sakuraio
2017_uhuru

ゴールドスポンサー

2017_fusion
2017_logo_ms

シルバースポンサー

2016-silver1
2016-silver3
2016-ligo-quadcept
2017_tsd
2016-logo-cadlus
2017_array
2017_logo_tra

メディアスポンサー

GUGEN2016_io
2016-media1
2016-media2
2016-media3
2016-media4
2017_logo_device