Gugenとは

Gugen(ぐげん)は
「未来のふつう」としてありそうなハードウェアを実用性や商品性の観点で表彰するコンテスト。
「未来のふつう」に成長する可能性のあるオリジナルのハードウェアを個人や法人問わず募集します。
私たちの未来の生活の中で当たり前のように使われるであろう、全く新しい家電やデジタル機器、家具、ファッション、おもちゃなど、様々なジャンルの「未来のふつう」を制作&発表してみませんか? Gugenについての詳細は「Gugenがめざすこと」を御覧ください。

コンテスト開催概要

募集期間
2013年9月~2013年11月20日
審査基準
「革新性」「商品性」「デザイン性」などの軸で審査。
応募資格
個人/法人、プロ/アマチュア問わずどなたでも応募可能。
応募作品条件

コンテスト授賞式(2013/12)時点で未発売のオリジナルのハードウェアであること。 クラウドファンディングなどを通じて支援募集中のプロダクトなど、すでに発表済みのハードウェアでも構わない。
応募方法


自作した電子工作作品の紹介動画(3分00秒以内)をYoutube/Vimeo/ニコニコ動画のいずれかに公開し、必要事項と合わせて所定のWebページから応募する。お問い合わせ応募に関するお問い合わせはこちらまで。
gugen-contact@googlegroups.com

コンテスト審査員

孫泰蔵
(MOVIDA JAPAN株式会社 代表取締役社長兼 CEO)

孫泰蔵
1996年東京大学在学中に、Yahoo!Japanのコンテンツ開発のリーダーとしてプロジェクトを総括。その1ヶ月後インディゴを設立。学生起業家、インターネットベンチャーの草分けとして注目される。
2011年、「2030年までにアジア版シリコンバレーのベンチャー生態系をつくる」として、スタートアップベンチャー育成のシードアクセラレーターをMOVIDA JAPAN内に設置。今後は国内外のベンチャー支援・育成に力を注ぎ、ベンチャーの活躍が、豊かな社会創造につながることを目指している。
→孫泰蔵さんへのインタビュー記事はこちら。

林信行
(ITジャーナリスト・コンサルタント)

林信行
1990年以来、ITの最新トレンドを取材、国内外のさまざまなメディアで解説。
ITベンチャー、リボルバー社の社外取締役の他、2社のアドバイザーも務める。
その一方で、テクノロジーは会社組織から製品まで良いデザインをしてこそ本質的な成功が得られると言う信念を基盤に、大手通信会社や家電メーカーのコンサルティングも行なってきた。JDPデザインアンバサダーも務める。
→林信行さんへのインタビュー記事はこちら。

岩崎覚史
(株式会社バンダイナムコゲームス チーフコンサルタント)

岩崎覚史
株式会社ナムコに入社後、メダルゲーム、体感型対戦ゲーム、キッズカードゲーム、海外市場向けレースゲームなどの開発と海外市場のマーケティングに従事。
2011年より、エンターテインメントコンテンツ開発時に必要な知見やノウハウを他業種の製品開発やサービスに役立ててもらうことを提案するサービス「ゲームメソッドコンサルティング(チーム名:『SPECIAL FLAG』)」に参加。
現在、大手通信事業者、大手家電メーカーなど、数々のクライアントのコンサルティングを行っている。
→岩崎覚史さんへのインタビュー記事はこちら。

お問い合わせ

Gugenに関する各種お問い合わせは、こちらまでお気軽にお問合せください。
gugen-contact@googlegroups.com


ページ上部へ